取得できる資格

資格を取得して実力を証明しよう!

学校で学んだ知識や経験を形として残す為にも、ぜひ資格取得にチャレンジしましょう。
自分の実力を客観的にアピールすることができ、就職活動を優位に進めることにもつながります。

取得可能な資格一覧

健康運動実践指導者(財)健康・体力づくり事業財団
医学的な基礎知識、運動生理学の知識を持って、個々に適した運動プログラムを提供できる者を養成するために設けられた資格。加速度を増す高齢社会において就職に有利な資格。
  • ■対象学科

アスレティックトレーナー(財)日本スポーツ協会
肉体・精神面のケアが必要不可欠なスポーツ選手を、健康管理・怪我予防・応急処置・リハビリ指導・練習メニュー作成など、全般的にわたってサポートするトレーナーの認定資格。
  • ■対象学科

スポーツリーダー(財)日本スポーツ協会
スポーツ指導やトレーニング方法、栄養学、地域振興、安全管理、スポーツ文化に関する基礎知識を身に付け、地域におけるスポーツグループやサークルなどで活躍する指導者を認定する資格。
  • ■対象学科

レジャースポーツインストラクターNPO法人 日本ウェルネススポーツ協会
アウトドアスポーツなど、レジャー産業に関連したスポーツの基礎知識や指導法を学ぶ。子どもから中高年まで幅広い世代にスポーツの楽しさを伝える指導者の育成を図るライセンス。
  • ■対象学科

※ウェルネスIT科にて取得可能
幼児体育指導者(2・3級)(財)日本幼少年体育協会
幼児期の子ども達に体育の面白さや身体を動かすことの楽しさを伝える指導者資格。幼稚園・保育園・スポーツ施設・社会体育機関など、幼児の体育健康分野での専門指導者として活躍範囲は広い。
  • ■対象学科

高齢者運動指導士一般社団法人日本高齢者運動機能向上研究会
高齢者運動指導士はプラチナプログラム(加齢に伴い衰えていく運動機能を維持向上させ、病院や薬に頼らない生活を送るために研究開発された運動)を、指導できる唯一の資格。
  • ■対象学科

障がい者スポーツ指導員(初級)(財)日本障がい者スポーツ協会
スポーツを通して、障がいをもつ人たちに体を動かすことの楽しさを伝えたり、身体能力の向上、さらにスポーツ技術の上達をめざして指導するアドバイザー。
  • ■対象学科

救急法救急員日本赤十字社
日常生活における自己の防止、適切な応急処置(止血、骨折時の固定、人工呼吸、心臓マッサージなど)、災害時の心得などについての知識と技術の習得を目的としている。
  • ■対象学科

※ウェルネスIT科にて取得可能
トレーニング指導者JATI-トレーニング指導者協会
スポーツ選手や一般人を対象とした「トレーニング指導の専門家」としての基礎資格。科学的根拠に基づいた適切な運動プログラムの作成と指導ができることを証明する。
  • ■対象学科

JFA公認サッカーコーチ(C級・D級)
審判/キッズライセンス(3級・4級)
(財)日本サッカー協会
地域においてスポーツ活動を実施しているクラブやグループ、スポーツ教室で、サッカーの基礎的な技術や一般的な身体活動の指導を行うためのライセンス。
  • ■対象学科

※選択専攻 サッカーにて取得可能
全日本空手道連盟 公認段位(財)全日本空手道連盟
1964年に日本の空手道に統一的な秩序をもたらすことを目的に結成されて以降、日本の空手界を代表する組織のひとつとして君臨する同財団による公認の段位。
  • ■対象学科

※競技スポーツ部 空手道にて取得可能
エアロビックダンスインストラクター(ADI)(公社)日本フィットネス協会
音楽を使った有酸素運動の的確なプログラム作成能力を身に付け、参加者のレベルや体力に応じた指導ができることを証明する資格。
  • ■対象学科

日本語ワープロ検定日本情報処理検定協会
パソコンの日本語ワープロソフトの有効な利用を通じて、日本語の入力および文書処理能力を身に付けるとともに、情報化社会の中でコンピュータ活用能力の向上を図ることを目的として実施する検定。
  • ■対象学科

販売士(2・3級)日本商工会議所
小売・流通業界で唯一の公的資格。小売業の類型、マーチャンダイジング、ストアオペレーション、マーケティング、販売・経営管理の5つの学群を学ぶ。
  • ■対象学科

ビジネス能力検定(B検)職業教育・キャリア教育財団
職種を問わず、社会人に必要な仕事の能力を客観的に評価する資格で、ビジネスマナーや顧客対応方法、ビジネス文書の作成、論理的思考について習得する。
  • ■対象学科