アスレティックトレーナー科

本校は、アスレティックトレーナー養成認定校です。

アスレティックトレーナーとは?

アスレティックトレーナーは選手の健康管理、スポーツ外傷の応急処置、リハビリテーション、コンディショニング、テーピング、さらに選手と指導者と医師との橋渡しを行います。この役割を果たすには、トレーニング方法や栄養学、スポーツ医学やスポーツ科学等の広範囲な知識が必要です。現在、アスレティックトレーナーは、アスリートが試合で最高のパフォーマンスを発揮するための必要不可欠な存在となっています。

アスリートトレーナー専攻

本校は、オリンピックや世界選手権、国際大会の常連校ですのでトップアスリートをトレーナーとしてサポートする技術と理論を身に付けることができます。
体のメンテナンス、コンディショニング、カウンセリング等、幅広いトレーナースキルを習得します。

フィジカルトレーナー専攻

民間スポーツクラブ等で、体力増強、健康促進を求める一般の人々をトレーナーとしてサポートする技能を身に付けます。
就職を見越してスポーツトレーナーとして必要な実践的なカリキュラムを実施します。

主な授業

  • ウェイトトレーニング演習

  • コンディショニング論・演習

  • テーピング論・演習

取得できる資格

アスレティックトレーナー、健康運動実践指導者、スポーツリーダー、高齢者運動指導士、トレーニング指導者 他

アスレティックトレーナー合格者!

  • 中村 勇亮(なかむら・ゆうすけ)
    栃木県立宇都宮商業高校出身

    2年間でアスレティックトレーナーの資格を取得することを目標として日本ウェルネススポーツ専門学校に入学しました。
    筆記試験に合格して目標に近づいた時に、勉強は要領よくこなす工夫と努力が重要だと確信しました。今後はこれまでの人生で出会った人達との縁を大切にして、常に120%の技術を提供すること、誰からも必要とされ独自性と創造性を兼ね備えたアスレティックトレーナーになりたいと思います。

  • 志賀 大河(しが・たいが)
    私立春日部共栄高校出身

    この2年間、バレーボール部と勉強の両立や、トレーナー実習への参加で毎日、充実した日々を送りました。
    筆記試験が終わってから、正直受かっていないと感じる日々が続きましたが、合格と言われた時、心の底から嬉しかったです。多分、この感情も努力なくしては感じる事のない気持ちです。ぜひ、大切な仲間とそんな喜びを味わってほしいと思います。

  • 熊谷 研哉(くまがい・けんや)
    岩手県立大船渡高校出身

    私が日本ウェルネススポーツ専門学校のアスレティックトレーナー科に入学を希望したのは、アスレティックトレーナー試験の合格実績があったことと、バレーボール部が強かったという理由からでした。
    入学当初は勉強と部活動との両立が難しかったのですが、先生方の指導やサポートを受け、理論試験合格に辿り着くことが出来ました。学校生活は楽しいことばかりではないかもしれませんが、自分と、支えてくれる仲間を信じて目標に向かっていって欲しいと思います。